第75回全日本アマチュア名人戦・富山県大会 参戦記

約8年ぶりにアマ名人戦の県予選に参加してきました。

★第75回全日本アマチュア名人戦 富山県大会
 日時:2021年7月18日(日) 午前9時30分受付、10時開始
 場所:北日本新聞社(富山市安住町2番14号)
 参加費:一般2,000円、小・中・高校生1,500円(昼食付)
 出場資格:富山県在住者
 競技方法:(予選)4人1組でリーグ戦 2勝通過2敗失格 25分切れ負け
      (決勝)トーナメント
 申し込み:当日申し込み


千葉から富山に引っ越してきて初めての大会参加です。

参加人数は46人。2年前に開催されたときは62人だったそうなので、
かなり減ってしまいました。やはりコロナの影響でしょうか。
千葉で参加したときは70~80人ほどいましたが、県の人口比率を考えると
富山県の参加率は決して悪くないような気がします。

会場は、北日本新聞社10階の展望レストラン。
受付を済ませ、定刻になると主催者の北日本新聞の方?が挨拶を始めます。
ゲストには女流棋士の野原未蘭さんが来ていました。
そういえば彼女も富山県出身でした。

ひととおりセレモニーが終わった後は、一斉に予選リーグの対局が
始まります。

初戦の相手は、気さくな年配の方。
戦型は相矢倉で、先攻されますが5筋から反撃し、そのまま押し切ることが
できました。幸先よく初勝利を挙げることができました。

2戦目の相手は、見た感じ20代~30代といった感じの若い人。
相手の四間飛車に対してこちらは居飛車穴熊に組みますが、ちょっと
手合いが違いました。終始ペースを握られ、粘ったものの敗戦。

3戦目の相手は、高校生か大学生くらいの感じの若い人。
角換わり相腰掛け銀の戦いで、じりじりしたねじり合いが続きましたが、
最後は抜け出して勝つことができました。

これで予選リーグは2勝1敗で何とか通過。
千葉の大会では予選を通過したことがなかったので、嬉しかったですね。

本戦は負けたら終わりのトーナメント戦。
1回戦の相手は、見た感じ50代~60代くらいのベテランの方。
相矢倉の戦いで、端を強引に突破され、防戦一方になってしまい、
そのまま押し切られてしまいました。
やっぱり本戦に出てくる方はみなさん強いですね。

でも、今日一日で4局指せて、予選リーグも何とか突破できて、
個人的には満足でした。

コロナの影響もあって、最近はリアルの大会に参加できていませんでしたが、
また機会があれば参加してみようかと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

keme
2021年07月26日 12:49
リアルの将棋はいいですね。引っ越しされていきなりの大会で予選突破はお見事ですね。私も昨日、地元大垣に将棋センターがオープンしたので、行ってきました。将棋盤を挟んでの対局もいいですね。これから、時々顔を出そうかなと思っています。
taka-c
2021年07月26日 22:35
>kemeさん
コメントどうもです。
引越ししたばかりでしたが、たまたま募集の案内を見つけたので、思い切って参加してみました。予選突破は望外でしたが、いい経験になりました。
大垣の方にも将棋センターができたのですね。やっぱりリアルの将棋はいいですね。