3MK第56回名人戦 三番勝負第1局 自戦記

三段を目指す会の名人戦 三番勝負第1局。
相手はgamlastanさんです。
この将棋は先手居飛車穴熊・後手三間飛車の戦いになりました。

board_20210419_01.gif
38手目で△9四歩と突いた局面です。
本譜はここから▲3五歩△同歩▲4六銀と仕掛けていったのですが、
△4五歩▲3五銀に△5五角と出られる手をうっかりしていました。
飛車銀両取りで、こうなっては先手が参っています。
ここでは▲3五歩を突く前に▲5六歩と突いておいて、△5五角を
防いだほうが良かったようでした。

board_20210419_02.gif
局面は進んで、後手が△6六銀と打ったところ。
本譜は▲6四歩と取り込んだのですが、△7七銀成▲同桂と進んで
先手の守備力が弱まってしまいました。
ここは冷静に▲6八角とかわしておいたほうが良かったようです。

board_20210419_03.gif
後手が△1九角成と香を取った局面。
本譜は▲1一龍とこちらも香車を取ったのですが、龍が働かなく
なってしまいました。
ここでは▲3七歩と打って、次に▲3一龍から龍の活用を図る手も
あったかもしれません。

board_20210419_04.gif
▲6六香と打った手に後手が△4四角と両取りに打った局面です。
勢い▲6四香と走ったのですが、すかさず△6六桂と打たれて、
先手が参ってしまいました。
6六の香は△6六桂を打たせない意味もあるので、ここは自然に
▲1二龍と逃げておいたほうが良かったかもしれません。

board_20210419_05.gif
この△7八馬には▲同金と取ったのですが、ここは▲同銀のほうが
勝っていたようです。一見同じように見えますが、▲同銀だと次の
△6八歩成が詰めろにならず、一手稼げるようです。
終盤ではこういった細かい一手が大事になってきますね。

今回の将棋は、序盤の▲3五歩の仕掛けで失敗してしまい、銀桂交換の
駒損になって、そのままずるずると押し切られてしまいました。

名人戦三番勝負は次が第2局で、負けるとそこで終わってしまいます。
第2局は4/25(日)21時開始。勝ち負けはともかくとして、今回は内容が
良くなかったので、次はもう少し粘っていきたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント