将棋倶楽部24・第17回リレー将棋大会2012 総括

総括というより、反省文といっても良い内容なのですが・・・
予選2連敗で敗退してしまったので、今年のリレー将棋を振り返ってみます。

毎年夏に行われる、恒例のリレー将棋。
今年も「門前払い」チームで参加することになりました。

★「門前払い」チーム 2012年メンバー(敬称略)
・リーダー : Mackey Naya (1373)
・メンバー : taka-c (1533)
・メンバー : TOMOYA (1889)
・メンバー : suzuhiro (1263)


※合計最高R : 6058点

★予選第1試合 2012/7/8(日) 対「†残酷なすすきのの天使ともみ†」チーム戦

このときは2将(31手~60手)で指すことに。
1将のsuzuhiroさんが、相手の石田流に対して、居飛車急戦調に駒組みを進め、
2将に交代。出番が回ってきました。

画像

この局面での第一感は、△7四歩。
以下、▲7四同歩△同銀▲7五歩△6三銀とし、一歩を手持ちにするつもりでした。
ただこの手は、7四の地点を守っていた歩をなくしてしまうので、微妙なところ。
控室でも「後手からの仕掛けは難しい」「飛車を動かして様子見?」と言った意見があって、
正直指す手に困っていました。

今から思えば、△5五歩から盛り上がったり、△7一飛と引いて様子を見る手もありましたが、
長考の末、実際に指したのは△8二飛。
これでは△7二飛と寄った意味がなくなり、完全に変調です。

画像

手が進んで49手目。先手が▲4七銀引と5六の銀を自陣に引いたところ。
ここでは△6七金という手がありました。
次の△6六金が受けづらく、これなら後手が主導権を握れたかもしれません。
実際は先手にも▲5五歩△同角▲5六銀(または▲5六銀打)という手があり、
簡単ではなさそうですが、まったく手が浮かばなかったのは問題でした。

結局2将まででリードを奪えなかったのが敗因で、門前払いチームは敗戦。
悔いの残った1局となってしまいました。

★予選第2試合 2012/7/28(土) 対「海峡花火」チーム戦

ここで負けると早くも予選敗退となってしまうので、何とか勝って、
第3戦に望みをつなげたいところ。

今回は1将(初手~30手)に順番が変更。
1将はある意味、自分のペースで思い切って指せるので、精神的に楽な部分もあります。
(その代わり、メンバーが1順するとプレッシャーが半端じゃないですが)
前局のこともあったので、リーダーのまっきーさんが気を使ってくれたのかと思い、ちょっぴり感謝。

相手の方のRは600点台。
時間を使わず素早く指して、2将のsuzuhiroさんに繋げるつもりでしたが、
とんだ落とし穴が潜んでいました。

画像

事件は7手目に起こりました。なんでもない序盤。
苦手な横歩取り模様に進んだので、角換わりにしようと思ったのですが、
まず▲2二角成か▲7八金で、一瞬迷います。
でも、この前のアマ名人戦では角交換の将棋を指したので、同じように進めようと思い、
8八の角にマウスを合わせようとしたのですが・・・
なぜか角にマウスポインタが移る前に、7九の銀を触ってしまったようで、
あっ・・・と気付いたときには、上の局面図に。
見てのとおり、角がタダ。この瞬間、将棋が終わってしまいました。

普通ならここで投了するところですが、そこはリレー将棋。
後ろにはチームメイトが控えています。
角を取られてもめげずに、なるべく時間を節約しつつ、少しでも勝負形になるようにと、
必死で2将のsuzuhiroさんにバトンを繋げたのでした。

結局将棋は大差で負けましたが、何とか3将のkemeさん(TOMOYAさん名義で出場)、
4将のまっきーさんまで繋がって、少しだけ気持ちが楽になりました。

序盤で将棋を壊してしまって、チームメイトの方々はもちろんですが、
相手チームの方々にも、観戦を楽しみにしていた方々にも、
本当に申し訳ないことをしてしまったと思っています。
この場を借りて、改めてお詫びしたいと思います。

皆さん本当に良い方ばかりで、「気にされないで」「どんまい」と言っていただいて、
少し救われたような気がしました。
今日は他にも、対局前に電話がかかってきたり、まっきーさんのPCの調子が悪かったりと、
なんだか日が悪かったような気がします。

今年のリレー将棋は自分的に散々でしたが、次回はリベンジを果たすべく、
懲りずにまた一年間頑張って行きたいと思います。

・第1回~第11回の参戦履歴
・第12回リレー将棋大会 → 予選第1試合 第2試合
・第13回リレー将棋大会

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

suzuhiro
2012年07月30日 13:13
リレー将棋、お疲れ様でした。(^^)

一局目は一将なのに五分も使ってしまって、しかも局面難しくして申し訳ないです。^_^;
指し方が分からなくて、30手目△7二飛は様子見で指しました。▲8六飛なら△8二飛で行ったり来たりして千日手。(そんなわけない?)(@_@)
32手目以降は△4四歩~△4三金右で左辺を手厚くするか、△5五歩~△5四銀直で圧力かけるか、△7四歩もありそうですね。こちらから動きづらいので、我慢比べって感じでしょうか。^_^;
ただ49手目▲4七銀引き、61手目▲3八金など、自陣に手を入れる落ち着きようは、やっぱり相手が強かった。(>_<)

クリックミスは、ネット将棋の宿命みたいなものですね~。(*^_^*)
私もよくあるので気を付けているのですが、とくに夏はPCの熱もあるので、マウスが勝手に動きやすいです。(熱暴走?)
私は不利な将棋が好きなので(^_^;、この二将は楽しめましたが、これも思い出ってことで、また気を取り直して将棋を楽しみましょう。(*^_^*)
2012年07月31日 02:09
第2戦は特に存在感が無かったのが、
私の反省点です(笑)。
TOMOYA(keme)
2012年07月31日 12:18
お疲れ様でした。
NET将棋ならではのハプニングでしたね。
また来年頑張りましょう。
2012年07月31日 23:46
皆さんコメントありがとうございます。

> suzuhiroさん
なるほど、△4四歩~△4三金は自然な手ですね。
対振飛車急戦はリレー以外では数年指してないので、
手が見えなくなってますねえ。。。

同じ居飛車党でも、対振飛車だとsuzuhiroさんは急戦派、
自分は持久戦派なので、リレー将棋ではいろいろと
勉強になることが多いです。

久々の1将でしたが、1将は時間を節約すると同時に、
クリックミスにも気をつけないといけないんですねえ。
皆さんには申し訳ないですが、いい授業料になりました。
2012年07月31日 23:53
> まっきーさん
いえいえ、この壊れてしまった将棋を、
最後にしっかり締めていただきましたので。。。
夏場は、クリックミスとPCトラブルには要注意ですね・・・

> kemeさん
お疲れさまでした。
確かにネット将棋ならではの珍事件で、
指した自分が一番びっくりしてたと思います。
また来年も、これに懲りずによろしくお願いいたします。m(__)m

この記事へのトラックバック